製品案内

PRODUCTS

製品案内

サクランB

化粧品表示名称:スイゼンジノリ多糖体、水、BG

熊本県固有の希少なスイゼンジノリから得られた高機能保湿剤。
国産天然由来でありながらヒアルロン酸の6倍の保湿力を持っています。

 

 

 

サクランだから桜? いいえ、実は「藻」です


サクランは、日本固有種であるスイゼンジノリ(水前寺海苔)から抽出された高分子多糖体です。このスイゼンジノリは湧水にのみ生息し、自らの細胞を保護するために大量のサクランを分泌します。江戸時代から現代に至るまで、食用としても利用されてきました。現在は絶滅危惧Ⅰ種に指定されていて、福岡県の黄金川で養殖が行われている他、独自の培養技術によって安定供給を実現しています。

 

 

 

 

 

サクランという名前の由来は?


スイゼンジノリは非常にデリケートな生物で、綺麗な湧水にしか生息することが出来ません。その生育環境の美しさから、Aphanothece Sacrum(Sacrumはラテン語で「聖なる」という意味)という学名が付けられ、これに関連付けてサクラン(Sacran)と命名されました。

 

 

 

 

 

サクランは繊維状であり、それを水に溶解したものがサクランB


原料としてのサクランは乾燥したセルロース状(写真左側)です。ヒアルロン酸を凌駕する分子量を持るサクランは、水に溶けづらい性質を持っています。サクランBは、それを水に溶解した化粧品原料(写真右側)です

 

 

 

 

 

 

商品詳細

【ポイント】

・ヒアルロン酸の6倍の保水力

・肌の上で緻密なバリアを形成

・コクのある使用感を提供

・抗炎症作用

 

ヒアルロン酸の6倍の保水力

肌の上で緻密なバリアを形成

コクのある使用感を提供

抗炎症作用