ホルス ピディオキシジル

多種存在する医薬品の育毛成分のなかで極めて効果が高いと各機関で評価されるミノキシジルは、もともと高血圧の経口薬として開発されましたが、後に発毛効果が発見され育毛の外用薬として承認されました。 細胞弛緩による血管拡張で血流を促進させ、酸素や栄養素を毛乳頭細胞や毛母細胞に積極的に運搬し、細胞の産生促進が行われるというものですが、それに加え毛母組織の成長期・退行期・休止期の毛包サイクルにおいて、休止期に入っている毛包組織に対する刺激
効果も確認されています。それでもミノキシジルの発毛作用の全容はまだ解明されていません。 それらの詳細につきましてはフレグランスジャーナル 誌(2000年2月号)にも特集として収載されています。 ホルスピティオキシジルはミノキシジルとは化学的な構造が異なり医薬品成分ではないためその効果は劣るものの、若干近似した構造であることから化粧品用の育毛成分としては相当の作用が期待されます。